模範の力
ホーム>>企業文化>>模範の力

劉必平

1、確かに貴殿が4月29日に上海労働模範と先進従業員表彰大会に参加されたことを覚えています。上海市委書記の韓正が万博センター赤ホールで重要な発言をしていただきましたが、その発言に対するあなたの思いを皆さんにお伝えいただけますか?
世の中一番光栄、崇高、偉大、美しいことは労働である。その発言は党幹部一同が労働者に対する尊重と思いやりの表しであり、労働者の立場が認められた証でもあります。普通の労働者の一員として、幹部からこれほど高い評価をいただけるなんて、本当に感動して深い感銘を受けました!もちろん、私はただ皆さんの代表者に過ぎず、その名誉はみんなのものだと重々承知しております。ここでは錦江航運会社が舞台を提供したり、会社管理者がこのチャンスをくださったり、及び同僚たちが支えてくれたことに対して、深く御礼を申し上げたいと思います。これはみんなで苦労して奉仕してきた結果だと思います。頑張って仕事すれば、労働の中で更なる輝かしい未来が見つけられて、価値を見出したり、自己アピールができたり、楽しい体験作りなどきっと実現できると信じています。

2、電気監督員としては、よく深夜で船舶の仲間からの技術依頼を受けていると思いますが、ご本人やご家族の生活に何か影響を与えていますか?またご本人としてはどのように仕事に奉仕したり、仕事と生活のバランスをお取りになられていますか?
これはこの職場の責任であり、私の仕事でもあります。職場そのものの特徴さえ理解できれば、たまにある困難も克服できるはず。ましてや船舶輸送業は元々ハイリスクな業界ですから、真夜中の電話とはいえ、こういう時こそ設備が大変な事態となり、一番助けを求められている状況です、全力サポートしないはずがありません。逆に、夜中に急に呼び覚まされるため、いつも頭の回転が追いつかなく反応が鈍くて現場に迷惑をかけていることを反省しなければなりません。

3、ご存知のとおり、其々の時代に様々な労働模範がいる、いまの模範も昔と違いいろんな意味が含まれるが、貴方は現代における労働模範に対してどのような思いを抱いていますか? 
汗を流し、地道に働く、これこそ全ての労働者が身に付けるべき基本要素であり、労働者の根本です。その上に、クリエイティブを加えることは今の時代が労働者に与えた新しい素質です。つまり汗水垂らしながら誠実に働くとともに、クリエイティブな労働価値を作ることとなります。常に勉学に励みながら勤勉に仕事に精を出してこそ真のスキルと技術が身につけられる、そして自分の職場で成長し、巧みな仕事を積極的にやる人材になれるでしょう、また労働の中で革新的なクリエイティブ性を発揮して、絶えず進歩と改善を繰り広げて効率性と安全性をも高められます。だからこそ、自分は真の労働模範に成れるまでまだまだ長い道のりがあり、プレッシャーを感じています。これからの仕事の中で、もっともっと勉学と研究に励み、長所生かしつつ短所克服し、危機意識を抱くなど、標準な仕事をやり遂げる以外に、他人が思いつかないことまで考えることを意識しなければなりません。
我々船舶管理の場合、既存設備の上に、更なる制御システムの完備性を求めたり、もっと信頼できる作業性を求めることは、ある意味の成長であり、クリエイティブな労働とつながります。従って、日常の仕事の中から、常に問題意を持ちながら、プロフェッショナルな視点で積極的に解決に取り組む姿勢、そしてソリューションの実行性などを考慮して、最後に実践の中でソリューションの実用性を見直すことが重要です。一人一人全員がこのプロセスで自分の労働価値を実現していれば、クリエイティブ重視のような雰囲気を作り上げることが実現できれば、はじめて知識型、技術型、革新型な高素質労働者の大軍という称号に不足なしと言えます!
労働模範の名誉は過去の歴史に過ぎない、未来は永遠に真っ白なキャンバスです。自分を勉学をしてスキルアップして、職場と仕事を好きになって、一流を目指して、蹶起奮闘して、果敢に革新を挑んでこそ、労働模範として周りにモデル的な力を見せつけて、この職場やこの誇りにとって相応しき存在となります。