複合一貫輸送
ホーム>>事業分野>>国際航路コンテナ>>船舶資料>>複合一貫輸送
       2001年より、錦江航運は複合連携式業務内容を取り入れました。著名な公共支線運送業者とのコラボで、次第に揚子江三角流域における海陸連携輸送と揚子江流域における河海連合輸送の複合連携式輸送ネットワークを広く張り巡らせてきました。十数年余りに経営してきた結果、既に20数本もの複合連携式コースを所持していながら、武漢、南通に支社までが開かれ、重慶、南京、九江、蕪湖、鎮江、江陰、揚州、張家港にサービス窓口を設立して、お客様にありとあらゆる専門な連携式輸送業務サービスを提供シ続きてきた。錦江航運というブランドをもっと揚子江内支線まで響きわたせていくために、これからも絶えず努力していくつもりです。