会社トピックス
ホーム>>メディア>>会社トピックス

市国有資産委員会書記兼紀律委員会書記馬堅泓一行は安全生産審査に弊社を訪問

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2015-07-29
分かち合うまで:

2015年1月8日PM14:00 上海市国資委副書記兼紀委書記馬堅泓一同様が弊社安全業務の監督・検査のためにご来社いただきました。この度、馬書記から直々と今回の安全検査について、展開する背景や主要内容、並びに市国資委党委員会書記・市国資委主任の徐逸波様よりご指導いただいた国資所属企業における安全業務の監督・検査要求をご紹介いただきました。弊社党委員会書記兼副董事長夏西平氏は航運企業における安全生産の要求に踏まえて、船舶安全業務、陸上機構の安全性、企業安全文化の建設、及び「12・31」雑踏事故発生後、会社全体の安全生産業務の新たな取り込みなど、弊社の安全業務活動状況を詳しく説明した。

上記報告を受けた後、馬書記は弊社の安全業務推進について高く評価されたとともに、市委員会、市政府により1月5日に開催されました市全体安全業務を強化するための会議要領を通達されました。グループの安全業務に対し、馬書記からも以下三点のご指示を受けました。

一つは中央から発信された安全業務に対する「党政府同責任、一職二責任、一斉摘発共同管理」を徹底し、安全生産の責任をきちんと落とし込むこと;二つは業界の特徴に基づき、不足や欠陥の排除について、寄港国検査などの好システムを駆使し、即時検査で安全管理面における不足や欠陥をいち早く見つけ出し、全面的に安全管理をレベルアップさせること。三つは春節前後の安全確保について、事前安全大検査などでしっかりと各種の安全措置をとり、安全リスクの未然排除を強化し、確実な安全を実現させること。