会社トピックス
ホーム>>メディア>>会社トピックス

錦江航運トップが代表団を率いて訪日 業務交流活動を実施

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2016-12-08
分かち合うまで:

       錦江航運の黄新党委員会書記・董事長・総経理が先ごろ、代表団を率いて日本の九州と関東の各地を訪問し、現地の埠頭や顧客との提携交流や商談活動を行った。代表団は博多港埠頭、福岡市港湾空港局、住友倉庫、三井倉庫を訪問し、九州地区の販売・取扱会議に出席するとともに、顧客懇談会を開催した。
       顧客懇談会では、黄新董事長が当社の経営状況、上海~日本航路の現状等について説明し、顧客との長年にわたる安定的な提携関係に心より謝意を表明した。錦江シッピングジャパン株式会社はこの交流の機会を利用して、当社のスマートフォン版電子ブッキングシステムの宣伝と紹介を行い、新たなシステムが顧客にもたらす、より手軽でスピーディなサービスエクスペリエンスをアピールした。
       今回の訪問交流活動により、顧客との業務上の意思疎通や連携を一層強化し、当社の企業文化や経営理念を伝えたことで、錦江航運による質の高いサービスに対する認知度が高まった。