会社トピックス
ホーム>>メディア>>会社トピックス

JCエ-ジェンシー、上海サルベージ局によるセウォル号の引き揚げ実現に協力

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2017-05-23
分かち合うまで:

  錦江航運は韓国セウォル号の引き揚げ作業参加船舶の上海港における船舶代理業務へのグループ企業である上海市錦誠国際船務代理有限公司(JCエ-ジェンシー)の支援に対して、先ごろ、交通運輸部上海サルベージ局から感謝状を受け取った。
  交通運輸部上海サルベージ局は2015年8月より、韓国近海において沈没船・セウォル号の引き揚げ作業を開始、2017年3月25日に船体全体が海上に引き揚げられ、1年半に及んだ船体引き揚げ作業を見事完遂した。JCエ-ジェンシーは上海サルベージ局の船舶代理業者として、韓国近海で引き揚げ作業に携わる船舶の上海港における代理業務に尽力し、作業船延べ80隻以上の代理業務を担当した。今回の引き揚げ作業船が担う重責や時間的制約など様々な困難がある中、JCエ-ジェンシーは各部署間で一致協力、海事局、パイロットステーション、出入国検査場及び各合同検査機関と緊密な連携を図り、各種サルベージ船が予定通りに入出港できるよう確実な手配を行うことで、上海サルベージ局が進めるこの重要プロジェクトに強力な後方支援を提供した。
  JCエ-ジェンシーは国際船舶代理業及び非船舶運航業者(NVOCC)業務に携わる船舶代理店であり、そのサービス網は上海、青島、大連、天津、厦門、太倉等の多くの港を網羅し、コンテナ船、ドライバルク船、石油タンカー及びその他特殊船舶の代理業務において豊富な経験がある。同社は今後も「定刻・迅速・専門性・完璧」を責務として掲げ、幅広い顧客に良質、効率的かつ総合的な船舶代理サービスを提供していく。