会社トピックス
ホーム>>メディア>>会社トピックス

錦江航運トップが現場の従業員を慰問

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2017-08-24
分かち合うまで:

  7月中下旬以降、上海では猛暑が続き、当社の船舶、ヤード、デポの作業場の気温も、相次いで過去最高を更新した。限られた時間で膨大な業務を処理することを求められる各社の現場従業員は、暑さに負けず各自の職責を果たしている。これこそが、当社の経営業績と安全生産業務を支える確かな基盤なのである。
  懸命に汗を流す現場従業員をねぎらい、炎天下における作業の安全性を確認するため、錦江航運の黄新党委員会書記・董事長・総経理ら当社幹部の引率のもと、各部門が慰問チームを組織し、現場で奮闘する船員、デポ作業員、外勤者、物資搬入作業員、倉庫作業員を慰問した。

  幹部一行は、現場従業員の作業環境と休憩場所をつぶさに視察し、各社における夏季労働保護用品、清涼飲料、熱中症の医薬品など各種物資の支給・使用状況について熱心に尋ねた。そのうえで、船舶の機関室や甲板部、デポ・倉庫企業の屋外作業員の健康状態により注意し、適正な休憩時間を取り、暑さ対策や温度調節に気を配るよう繰り返し確認した。今回の慰問では、延べ279名の現場従業員が対象となり、4万元以上相当の慰問品が支給された。