メディア視点
ホーム>>メディア>>メディア視点

錦江航運グループはインターネット時代に邁進

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2016-05-11
分かち合うまで:

運航業界の「インターネット+」という新しい時代背景の下に、錦江運航グループは情報化資源を掘り下げ、グループのHPと電子商取引サイトのプラットフォームを構築しました。これらのプラットフォームは錦江運航グループが常に「緑の運航を作り、便利な物流を提供する」という企業使命の重要な証であり、企業イメージを示し、サービス水準を向上させる重要な基礎でもあります。

電子商取引サイトは2015年11月16日から正式運営に入ります。新たな錦江運航電子商取引プラットフォームは、プレミアム航路予約、情報自動送信と検索などの独自なサービス機能を特徴とし、顧客にカスタマイズ物流VIPサービスを提供します。電子商取引プラットフォームでは、船便検索、船室表示、船舶GPS、貨物追跡などの基本的サービス以外、オンライン注文、オンライン顧客サービスとWechatの公衆IDなどの方法を通じ、リーズナブルな電子商取引価格と船室予約を実現しました。電子商取引は多様化、カスタマイズの透明で高効率のサービスにより、錦江運航の「顧客優先、誠実経営、高水準サービス」のブランド理念を徹底します。特に当該電子商取引プラットフォームは構築時点で顧客の支払い習慣を考慮に入れ、従来の海運支払い方法にも対応しています。

更に、錦江運航の新たなHPも正式運営に入り、電子商取引プラットフォームに複数のリンクで繋がります。2つのプラットフォーム間の良性交互と情報シェアは、グループのイメージ向上に役立ち、効率的に企業イメージの宣伝を促進し、また顧客の快速検索にも対応し、その業務ニーズを満たします。今後錦江運航グループは引き続き運航資源を統合し、顧客に更に便利な物流体験を提供します。一流のサービスを一流の顧客に提供し、一流の顧客が一流の企業を構築します。錦江運航グループは顧客の皆様のご支持の下で、コンテナ輸送を中心とするアジア一流運航企業を目指して努力します。