文化性活動
ホーム>>企業文化>>企業文化

グループ組合が「三八」婦女節を祝うため上海紡績博物館見学ツアーを開催

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2015-07-29
分かち合うまで:

グループ組合が「三八」婦女節を祝うために、上海紡績博物館見学ツアーを開催

       本情報誌によると:陽春の三月に春盛りの季節に、「三八」国際婦女節がやってきて、 3月6日の午後、グループの組合は女性社員を上海紡績博物館の見学に招待した。
       紡績博物館は元申新紡績第九工場の旧地に位置しており、中では実物や、資料、シチュエーション、写真紹介、模型、マルチメディアなど様々な形式で人々に上海紡績業界の発展沿革史を教えている。そして、雄大なエントリーホールの奥に続くどっしりと構えて重厚感のある歴程館、そして時空を繋ぎ合わせる擷英館及びおもしろ体験満点な科学普及館が上海紡績六千年に渡る産業歴史と文化を我々に語ってくれました。前世紀20初頭から新中国成立するまでの間、紡績業が上海の「親工業」として凄まじい発展ぶりを見せました。十数年前から、上海紡績業はついに思い切った改革に決行して、「科学技術とファッションの融合」という斬新な道を切り開き、現在に至るまでです。
       見学イベントはまる二時間以上もかかり、その間ハンカチのタイダイ染めや中国結びのDIYなどのふれあいの場も設けられ、女性社員たちはビデオに見習いながら吉、福、平安のシンボルである中国結びがみるみる内に形をなしていく。そして、実際にタイダイ染めを折り畳み、縛り付け、固定、染色などの過程で体験しました。先生の指導をうけながら、皆さんは興味津々にまずハンカチを好きなように折り畳んで、後は輪ゴムでしっかりと縛り付ける、最後には安全な環境にやさしい植物エキスで染色する。染色済みのハンカチを固定、クリニング、脱水された後に、瞬く間に世界唯一の、中国風情が漂うタイダイ染めハンカチと変身しました。イベントの終わりに、皆さんは自分で作ったハンカチを手に取り、その美しさに感動した。女性社員たちの顔から笑みが消えないまま、楽しく面白い見学を終え、互のコミュニケーションを深めたとともに、たくさんの知識も勉強できて、上海紡績業の発展ぶりにただただ驚きの連続な貴重な体験となりました。