文化性活動
ホーム>>企業文化>>企業文化

省エネ・低消費の理念を実践しエコ文化を積極的に醸成

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2016-07-04
分かち合うまで:

先日から「省エネ・低消費の実践、エコ文化の醸成」が提言されるようになり、集団公司のオフィス環境には、ちょっとした変化が起きている。オフィスのあちこちに、アニメ風にデザインされた省エネひとくちメモが登場したのだ。これらの省エネひとくちメモは、従業員の目を引くだけでなく、「省エネ・低消費、エコオフィス」という理念を従業員の心にしっかりと焼きつけている。

休憩室の掲示版には、提言書が目立つように貼られ、勤務中に無駄な紙・水・電気を使わないこと、通信費を節約すること、資源を最大限に活用することなどを呼びかけている。また、印刷室や洗面所には環境にやさしい節約マナーの標語が、各部門オフィスの照明や空調のスイッチ傍には「こまめに消灯」や「省エネ・低炭素化」といったエコ標語が貼られている。何となく楽しい気分になれるこうした標語は、従業員に省エネや環境保護を呼びかけると同時に、グループのオフィス環境を活き活きと活性化させてくれる。

ここで、改めて、全従業員に呼びかけたい。まずは自分の所属部門から、節約できる資源はなるべく節約してほしい。そして、各種資源の利用率を向上させるとともに、節約と低炭素化をひとつの業務スタイル・業務習慣として定着させてほしい。節約型企業を建設し、エコ文化を醸成することで、「地球にやさしい輸送手段を生みだし、スピーディな物流を提供する」というグループの使命を共に実践していこう。