文化性活動
ホーム>>企業文化>>企業文化

新春慰問活動で温かな心遣い示す

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2017-02-08
分かち合うまで:

  旧暦の大晦日、錦江航運党委書記・董事長・総経理の黄新氏ら会社上層部の面々が船舶、錦誠公司現場部、錦江三井、錦江住倉等の現場で働く従業員のもとを訪れ、それぞれ退職したかつての同僚と面会したり、窮状従業員・重病従業員とその家族を見舞ったりと、錦江航運「党政工」(党委・行政・組合)指導部および組織としての心遣いを示し、旧正月を祝った。
  集団公司上層部は、船舶を慰問するなかで、2016年の1年間、錦江航運の無事故、収益維持のため現場の船員が惜しみなく尽くした労力と才気に対して感謝するとともに、春節中の安全にも注意を喚起した。また、来年も引き続き自分の持ち場を守り、ブランドサービスの強みを揺るぎないものとして収益を維持するための職責を果たし、錦江航運の改革・発展を全面的に推進していってほしいと期待を寄せた。
  今回の春節前の慰問では、計13隻の本船、574名を訪問した。