安全文化
ホーム>>メディア>>安全文化

錦江航運が1月度安全月例会を開催~安全制度を一体化し、安全責任を果たす

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2017-02-24
分かち合うまで:

  2017年1月23日、錦江航運が2017年1月度安全月例会を開催した。会議は党委書記・董事長・総経理の黄新氏が主宰、同社上層部の役員と、各部門、グループ各社の責任者が出席した。
  会議では、「中国共産党中央国務院の安全生産分野の改革発展推進に関する意見」、「全国安全生産テレビ電話会議」、「全国安全生産業務会議」、「国務院安全生産委員会弁公室の2017年元旦春節期間安全生産業務徹底に関する通知」等通達の趣旨が伝達されたほか、上港集団の2017年安全生産業務の要点や1月度安全生産経営分析会の取り組みが伝えられた。
  党委書記・董事長・総経理の黄新氏は2017年の年間安全業務について、以下の五つの取り組みを述べた。第一に、上級機関から通達された安全業務の各種要求を充分に周知し、より徹底すること。第二に、安全管理制度をさらに徹底すること。第三に、安全責任の実行をさらに重点を置くこと。第四に、企業の安全文化の構築を進めること。第五に、グループ各社の安全業務に対する革新能力とチェックの取り組みをさらに強化することである。
QQ截图20170208163924